イズモ葬祭

静岡県浜松市、愛知県の葬儀・葬式はイズモ葬祭(出雲殿)へお任せください。 お急ぎの方 資料請求 お問い合わせ
トップページ > 盆義理返し とは

盆義理返し とは

盆義理返し とは

遠州地域(静岡県西部)の風習で、初盆を迎える故人様のご自宅へ生前お付き合いの深かった親族・近隣住民・友人・知人の方々がお参りにご自宅を訪れます。
これを『盆義理』と言います。
その際に、お参りに来ていただいた方はご葬儀の「香典」に相当する「盆供(ぼんく)」をご用意されるのが通例となっており、そのお礼として盆義理返しをお渡しします。

新盆と旧盆

遠州地域のお盆は地域により7月の新盆もしくは8月の旧盆のどちらかで行われます。
『盆義理』も7月もしくは8月の13日、迎え火を終え故人様がご自宅に帰ってこられた夕方ごろに行われます。

家族葬でご葬儀を執り行った場合

昨今では「家族葬」を選ばれる方も増えています。
家族葬のためご葬儀には参列されなかった方も、「一度はご挨拶したい」ということで『盆義理』にはお参りする方もおられます。
ご葬儀の形態に関わらず、初盆のご家庭は少しでも盆義理返しのご用意があれば、スムーズにご対応が可能です。

盆義理返しのお渡しの仕方

盆義理返しは返礼品と挨拶礼状をセットにしてお渡しします。
ご挨拶は「お暑い中、お越しいただきありがとうございます。」などが一般的です。
『盆義理』ではお参りの方が一斉に訪れるために「ゆっくりとお茶も出してお話しできずにごめんなさい」という意味を込めて、盆義理返しに缶飲料を添えることもよく見受けられます。